Eyepaxについて

2006年に設立されたEyepax(アイパックス)は、コロンボとストックホルムを拠点とし、合計で140名以上のITプロフェッショナルが在籍しています。当社のITサービスはソフトウェア開発ライフサイクルの全体をカバーしており、クライアントサーバーやウェブ、IoT、機械学習、ブロックチェーン、モバイルテクノロジーなどを幅広く取り扱っています。
Eyepaxのソリューションは、資格要件を満たした多様な範囲内で、公認のソフトウェアエンジニアやコンピューターサイエンスの専門課程を卒業したスタッフによって、慎重に作成・開発されています。ソフトウェアの開発は、主に当社のオフショア施設があるスリランカで行われ、競争力の高い価格設定を可能にしています。
技術スキルやマネジメントスキルに、業界の専門知識とスタンダードな開発方法論を組み合わせることにより、お客様へ具体的な成果をもたらします。当社のクライアントは世界中に存在し、多国籍企業や中小企業、スタートアップ企業だけでなく、有名な政府機関や公共事業会社、大手教育機関などが含まれます。

“投資で削減した経費を、お客様の競争力向上に利用”

あらゆるソフトウェア開発の大部分は、スリランカのオフショアプロダクションセンターで行われています。これにより、品質基準を損なわずに、圧倒的な低予算でITサービスを提供することが可能になっています。大半の先進国の費用基準よりも、平均して30~50%安くなると想定してください。当社のオフショア開発によるコストメリットで、お客様の事業はITソリューションをより高い頻度で革新することができ、明白な費用効果や生産性の向上はもちろん、競争上の大きなアドバンテージも生み出すことができます。これらはすべて、収益性の向上と利益の増大につながります。コストのかかるオンショア開発を行うIT企業と比較して、より少ない予算でより多くを提供できるという事実は、ITパートナーとしての当社の魅力を高めています。

Eyepaxの統制と経営は、取締役会によって行われています。取締役会は、定期的な計画や大きな投資・売却の承認を含め、戦略的な事項を決議しています。

Mr. Guillaume Alabert(ギヨーム・アラバート)
非業務執行会長
国籍:フランス

 

インパクト投資に焦点を当てたシリアルアントレプレナーであり、個人投資家。Eyepaxの会長として、自身の経験を共有して経営陣をサポートすることにより、会社の成長と国際水準への引き上げに貢献。

ヨーロッパを代表するチャリティー企業であり、リワードショッピング・プラットフォームのPrizleの創設者兼CEOも務める。その以前には、モバイルパフォーマンス広告のスペシャリストであるMobpartnerを共同設立。当時の役職では、2015年にCheetah Mobileに買収されるまで、アジア市場におけるプレゼンスの継続的な拡大と浸透に尽力した。

MobPartnerの設立前は、コンテンツプロバイダーであるAlter Studiosや、アプリストアのNeXva、アウトソーシング企業のSilkなどのスタートアップ会社を起業。工科大学のISTYでコンピューターサイエンスの修士号を、エセック・ビジネススクールではマーケティングの修士号を取得。

 

Mr. Sanjaya Kodagoda(サンジャヤ・コダゴダ)

業務執行取締役
国籍:スリランカ

Eyepax創設者の一人として、会社の技術面のディレクションを担当。会社の技術的ビジョンを定義し、新しいテクノロジーの導入成功を確かなものにすることで、刺激的かつ革新的なソリューションの創造を可能にしている。後にInforに買収されたJBA Enterprise Resource Planning(ERP)において、ソフトウェアエンジニアとしてキャリアを開始。エンタープライズレベルのソフトウェア開発における自身の豊富な経験や、データベース(Oracle DatabaseとSQL データベース)構築の確かなバックグラウンド、そして技術面でのリーダーシップスキルは、グローバルソリューションを世界クラスのソフトウェアエンジニアリングの卓越性によって実現し、提供するEyepaxの能力を支えている。コロンボのNational institute of Business Managementでコンピュータシステムの分析および設計の学士号を取得。1998年以降、ITプロフェッショナルとして活動している。

 

Mr. Syard Bos(シャード・ボス)
業務執行取締役
国籍:オランダ

Eyepax創設者の一人として、会社の事業開発戦略を担当。新市場への進出を統括し、新しい国際的パートナーシップの構築も担当している。1998年に業務の根本的革新とバリューチェーンの最適化に焦点を当ててIT分野でのキャリアを開始。Cap Geminiとともに、北欧最大の旅客・貨物フェリー事業者であるシリヤライン(タリンク)のスウェーデンにおける最初のオンライン予約ポータルの立ち上げを担当。その経済学の知識により、Eyepaxが行うすべての主要なIT投資で投資ライフサイクルとROI要件について検討。スウェーデン在住のオランダ人であり、ヨーロッパで育まれた品質管理と細部へのこだわりによって、アジア大陸の多くのソフトウェア企業にまだ浸透していない方法でEyepaxが進化することを可能にした。ストックホルム大学で経済学の学位を取得。1996年からITビジネスアナリストのプロフェッショナルとして活動している。

“当社のチームは、全分野のプロフェッショナルによる至上の集合体です。各自が分析やテクノロジー、マネジメントに関するスキルと経験をもち、刺激的なアイデアを価値ある革新的なITソリューションに変換します”

私たちは、クライアントのために卓越した仕事を成し遂げ、ソフトウェア開発業界に誇りをもたらすべく、集結しました。当社の専門家チームは、厳格な手順やソフトウェア開発に関する実証済みの業界基準を従い、継続的に挑戦・改善する意欲をもっています。そのなかにはビジネスアナリスト、ソフトウェア設計者、ソフトウェア開発者、技術指導者、QAエンジニア、プロジェクトマネージャー、テクニカルライターなどが含まれ、その全員が、どんなに厳しい要求にも応える能力を有しています。